稲作体験交流会(田植え体験教室)

2007年06月30日

平成19年稲作体験交流会(田植え体験教室)
平成19年6月30日(土)  8:30出発~17:00解散
大口市平出水「いなほ館前 交流田」

 さる6月30日(土)、「稲作体験交流会(田植え体験教室)」を開催しました。
 今回の稲作体験交流会には、おいどん市場だけではなく、Aコープ桜ヶ丘店・いしき店からの参加者も一緒に、総勢96人がバス3台に乗り込み、大口市平出水の交流田に向かいました。JA伊佐の営農指導員の方々や、平泉稲作振興会のみなさんの指導のもと、親子で楽しく「田植え」や「さつまいもの植え付け」を体験しました。
 昼食は、おいどん米(無化学肥料栽培米)を使ったおにぎりに、地元産の野菜や鹿児島黒牛・黒豚・さつま若しゃもを焼いたバーベキューをして、地元の方々と一緒にいただきました。午後からは、JA女性部の方々から地元名産品の「黒豚味噌」の作り方を教わり、JA指導員から「バケツ苗の育て方」について講習を受けました。
 参加したみなさんからは、「子供たちに貴重な体験ができました」「田んぼの泥が気持ち悪かったけど面白かった」「秋の稲刈りが楽しみです」など感想をもらいました。
 次回「稲作体験交流会(稲刈り体験教室)」は、10月27日(土)の予定です。

問い合わせ先  おいどん市場与次郎館 099-253-3153

おいどん食育体験隊・川薩編 

2007年05月31日

おいどん食育体験隊・川薩編

 さる5月26日(土)、鹿児島の食と農を体験するツアー「おいどん食育体験隊川薩編」を実施しました。おいどん市場与次郎館で応募した大人23名、子供9名の計32名に参加していただきました。
 晴天のもと、一行はバスでおいどん市場を出発し、薩摩川内市に向かいました。(株)鹿児島くみあい食品の唐浜ラッキョウの圃場では、くみあい食品 横峯部長の説明のもと、ラッキョウの収穫体験を行いました。
 午後からはさつま町にて梅収穫体験を行い、「梅の王様」と呼ばれる南高梅を丁寧に摘みました。その後、無農薬栽培の茶畑を前に、生産者から茶の生産に関わる苦労やこだわりについて話を聞くなど、交流を行いました。参加された方々からは「鹿児島の食についていままで以上に関心が高まった」「農家の方が熱心にがんばっているのがわかった」など好評をいただきました。

問い合わせ先  おいどん市場与次郎館 099-253-3153

おいどん市場与次郎館 鹿児島のさかな さばき方と調理の実習

2007年03月27日

おいどん市場与次郎館 鹿児島のさかな さばき方と調理の実習
平成19年3月27日(火)  10:00~13:00
経済連 食品総合研究所2階(おいどん市場与次郎館 隣)

 近年、「魚離れ」が進み、魚を自分でさばけないという人は、若者だけではなく主婦層にも広がっています。
 このようななか、食育の一環として魚のさばき方や調理法を身につけてもらい、魚料理を身近なものにしていただこうと、調理実習を開催しました。
 今回は、鹿児島女子短期大学の学生(10名ほど)さんたちに参加してもらい、県内産の魚(真鯛・真アジ)を使って、刺身、鯛茶飯、鯛の骨からとった出汁を使ったお吸い物、〆アジとねぎの酢味噌かけなどを作りました。
 今後おいどん市場では、一般消費者向けに手作りウィンナー、手作り豆腐、魚のさばき方教室、ソバ打ちの教室を定期的に実施する予定です。

問い合わせ先  経済連 営業開発課  099-258-5505