アグリタウン小山田が変わります 選果場に新たな包装ラインの導入~品質向上へのチャレンジ~

2009年11月09日

アグリタウン小山田が変わります 選果場に新たな包装ラインの導入
~品質向上へのチャレンジ~
アグリタウン小山田


JAかごしま中央が運営する軟弱野菜の大規模ハウス団地「アグリタウン小山田」では、品質向上対策の一つとして、選果場に新たな包装ラインが導入されました。
同選果場ではこれまで野菜下部の片方だけを閉じていましたが、各スーパーでは、実際には上部を折り曲げてテープで止めるなどの煩雑さがありました。契約先の一つイオン九州㈱からも両方閉じの要請があり、改良を含む2生産ラインを設置し9月から本格稼働しています。
同団地では、従来から保冷車と保冷庫を使って収穫直後から出荷までの鮮度保持を徹底しており、新たな包装ラインの導入により乾燥や「しおれ」を防ぐなどさらなる鮮度アップが期待されます。

問い合わせ先 経済連野菜振興課099-258-5425、JAかごしま中央 099-244-2844