第33回 九州管内系統和牛枝肉共励会を開催

2009年09月11日

第33回 九州管内系統和牛枝肉共励会を開催
JA全農ミートフーズ九州支社
平成21年8月31日~9月5日


 第33回九州管内系統和牛枝肉共励会で、個人の部金賞(農林水産大臣賞)にはJAいぶすき管内の上久保畜産が受賞されました。
また、団体優秀賞は本会が20年ぶりに受賞、同時に団体努力賞も獲得しました。
金賞を受賞した上久保畜産の牛「里岸447」は、格付けA5で脂肪交雑、肉質とも特に優れ、審査員全員一致で金賞に決まりました。
団体優秀賞を受賞した本会の出品牛は、脂肪交雑の平均10を超え、ロース芯面積やバラの厚みも他県を上回る成績でした。
 今回の受賞にあたり、本会福元常務が「県肉用牛振興協議会を中心に取り組んでいるもと牛の改良と本会がこれまで取り組んできた配合飼料の商品力強化、科学的な飼育管理の3つの集大成が今回の結果につながった。さらに選畜を強化し、平成24年の和牛全共につなげていきたい。」と喜びとともに抱負を述べました。


問い合わせ先 経済連 肉用牛課 099-258-5411