平成21年度農協野菜担当営農指導員全体研修会・営農指導員協議会野菜専門部会総会を開催

2009年07月15日

平成21年度農協野菜担当営農指導員全体研修会・営農指導員協議会野菜専門部会総会を開催
錦江高原ホテル
平成21年7月7日(火)~8日(水)


 7、8日の両日、鹿児島市内でみだしの全体研修会と専門部総会を開きました。関係者約90人が出席され、生産から販売まで幅広いテーマで研修を行いました。
課題提議「今、指導員は何をすべきか!」についてJAあおぞらの福田順成理事長から「農家の所得は、反収量の引き上げと高品質の作物生産に尽きる。土壌分析など土づくりに努めてほしい」といった期待を込めたお話しがありました。
直販産地育成を議題にした分科会では、①安全・安心②2週間出荷計画③面積推進手法④契約取引といったテーマごとに協議がなされました。
全体会では、「契約取引を確実に実行するには、計画通りに出荷する精度を上げる必要がある」「農家にも、取引内容を十分理解してもらうよう指導していきたい」など、今後の目標が報告されました。

問い合わせ先 経済連野菜振興課 099-258-5425